banner

最近の投稿

メンテナンスをしよう

オークションで落札した中古車はメンテナンスをしよう


中古車業者が商品となる車を入手する方法としては、いくつか方法があります。まずはユーザーから直接買い取るというものです。これは買取専門店などが行っている「買取」というものです。中間マージンがないので、ユーザー、業者ともに非常にメリットが大きい取引方法です。

また、系列店や提携店から車を流してもらうという方法があります。例えば、新車のディーラーが下取りをした車を系列の中古車販売店に流すといった方法です。ディーラーではなかなかさばけない下取り車も、こうすれば簡単にさばくことができます。しかも、比較的程度がいいというのもメリットです。
そして、オークションで入手するという方法もあります。とは言っても、洋服やおもちゃなども販売しているようなインターネットオークションではありません。市場の競りのようなものです。車が流れてきて、それに一番高い値段をつけた業者がその車を落札すると言うものです。オークションの場合、全国様々な会場から中古車が集まってきます。それを同じところに持ってくるわけにも行きませんので、モニターなどから車の様子を判断するほかありません。業者には目利きも要求されるというわけです。

そんな中古車ですので、外側の様子はある程度分かっても、中の様子はなかなかわかりません。最近では、一般の人が業者にオークションの代行を依頼することがあります。こうすることで、一般人でも安い価格で車を購入でき、業者としても車の在庫を持たずに右から左へと販売できるメリットがあります。よって、メンテナンスをどうするかというのがもっとも難しい問題となります。

落札した車を店で売るというのであれば、それはもちろん点検などは行うでしょうが、個人がそのまま持っていくとなりますと、点検はあくまでも任意ということになります。

しかし、個人が所有する場合であっても、是非メンテナンスを受けることをおすすめします。そしてできることならば、オークションを依頼した業者にメンテナンスも願いするのがベストでしょう。

まず、その業者はその中古車の状態をある程度は知っています。もちろんなかの様子は分かりませんが。
また、業者としてもプライドがあります。点検しないで乗っていて万が一不具合がでてしまったら、それは業者の目利きが失敗だったと言われかねません。そういった事態を避けるため、不具合がある車であっても点検をあらかじめ行っておくと、トラブルを避けられます。

試乗車はねらい目

試乗車は中古車オークションでもねらい目


中古車オークションには、様々な車が出回っています。新車を販売するとき、その引き換えとして下取りをした下取り車も、こういった市場に流れています。もちろん、一般ユーザーが買取専門店に売却をした車も、中古車オークションに流れていたりします。

その中でも、注目の車が2つあります。まずは「展示車」です。自動車のディーラーを訪れますと、店内に自動車がでんと置いてあることがありますがこれが「展示車」です。

展示車の場合、店内においてあるだけで別に外に乗り出すわけではありませんので、必ずしも登録されているわけではありません。登録されていない場合には「新車」扱いとなるでしょうが、登録された展示車であれば、これは「中古車」扱いとなります。

軽くエンジンをかけるくらいのことはあるかもしれませんが、実際に走り出すことはほぼありません。ですので、タイヤやエンジンの状態はもちろん新車同様ということがいえます。店内ですので、雨風にさらされることもないので、ボディーもきわめてきれいです。

ただオークションに出回る量が圧倒的に少ないのがネックと言えます。

次は「試乗車」です。これは、実際に車を走らせることによって、その車の走行性能や居住性、機能などを確認するものです。
公道を走ることになりますので、当然ながら登録をしなければならず、扱いとしては未使用車もしくは中古車という扱いになります。

試乗車は、それに乗ってもらってお客様にその車を購入してもらうことを目的としております。新車には同じ車種であっても、様々なグレードやスペックが存在します。いい印象を持ってもらうためには、その中でもできるだけハイグレード、ハイスペックなモデルでなければなりません。そのため、この車の走行性能はかなりよいですし、室内の装備なども非常に充実しています。

試しにお客様に乗ってもらうからには、万が一のことはあってはならないので、当然ながら毎日メンテナンスはされております。
ではこの車はいつ出回るのかというと、新車発売からおおむね半年から1年後といったところです。当たり前のことですが、グレードもスペックもよく、しかもしっかりメンテナンスされていますので、通常の中古車よりは割高な感が否めません。

しかし、展示車ほどではないにせよ、試乗車もなかなかオークションには出回りません。

どうしてもほしいという場合には、その車のディーラーやオークションの人と懇意にしておくと、事前に情報をもらえたりします。

購入時の返品は可能か

オークションを利用して中古車を購入時の返品は可能か


車を購入するには様々なタイプがあり、新車を購入する場合や誰かが載っていた車が売却されてその中古車を購入する場合があります。新車を購入する場合には業者にも違いがありますが、新車でも中古車でも返品は難しいです。
購入者が気に入らないや気に入らない部分が出てきたので返品や交換を希望するというkとは無理な場合が多く、故障などが原因でも返品をする事は難しい場合が多いです。
新車の場合にはそういった故障が起こった場合には保証がついているので保証の期間の間は故障をしても修理をしてもらえるので心配する必要はあまりないでしょう。

オークションを利用して購入する事も可能でこれは、落札する権利は素人では持つ事ができないのでオークションに出品や落札をする事は難しいので参加する権利を持っている業者が購入を希望している人の代理で落札をしてもらい落札価格とは別に手数料を支払う事で購入することができます。
この場合には保証がない場合が多いので気を付ける必要があり、それを理解したうえでオークションで落札を代行してもらい車両を購入する必要があります。

中古車業者の場合には業者によって違いますが、独自に保証期間を設けている所もありますが、この時に気を付ける所は新車の場合の保証というものはほとんどの場合が無料で保証がありますが、中古車業者によって保証してもらうには料金を支払い必要がある場合があるのでそういった費用も踏まえたうえで購入することが大切です。

中古車の場合には得に新車ではなく車が既に人がのっていた状態なので部品などが摩耗している可能性もあり、新車と比べた時には故障する可能性が高くなるので中古車の購入時には細かくチェックする事が重要です。
チェックする所の一つ目は走行距離です。
走る距離が増えているということは部品が破損する可能性があったりするので走行距離はどれぐらいの距離を走ったのかを確認することが大切ですし、他には型式をチェックするのも重要なポイントの一つです。

型式は古いものは購入時には安い場合がありますが、燃費が悪い場合や車の整備を行った時に料金が高額になる場合もあったり、売却する場合には安くなる場合も多いので車両の価格だけを見るのではなく燃費などや諸々のかかる費用なども考えることが大切です。

上記の通り車を購入した後に返すという事は難しいので購入前に慎重に検討をし購入することで納得のいく車を買う事ができるでしょう。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで絶対お得するために狙う車とその読み方All Rights Reserved.