banner

自社ローンについて

中古車オークションと自社ローンについて


車を購入するというときには、中古車か新車のどちらかを購入することになると誰でも新車を購入したいと思うでしょうが、やはり気になるのは値段が高いことです。新車を販売するメーカーの専門店やディーラーでは、一括で支払うだけの余裕がないという方のために、自社ローンを設けているところが多いです。この自社ローンというのはメーカーのほうでローンを組んで自動車を購入するだけの資金の融資を行います。このローンは自動車を購入してくれる方だけに行うものですので、通常の消費者金融からの融資折りは金利が非常に安いですし、その返済もお客さんの都合に合わせてくれることが多いです。そのため経済的に余裕がなくても。このようなサービスがある新車を購入することができますので、新車も選択肢に入れることができます。
しかし自動車ローンを組むにはそれなりの安定した収入が必要ですので、やはり経済的に余裕がない方に新車を購入することは難しいです。そのため中古車は依然として人気があります。

中古車を購入するというときにはオークションや販売店を利用するという方法がありますが、この両方に共通することはどれだけ中古車の購入で損をしないようにするとしてもその確率をゼロにすることはできません。
そのためもし購入した後に傷や故障があることを発見したとしても、それについてお店や出品者にクレームを言ったり返品を申し込んだりといったことはできないと考えるべきです。それは中古車というのは人の手に一度渡ったものですので、そこに使用感や傷、故障があることは普通ですので、中古車を購入した時点で特定できないほどの問題があることが普通で、乗ってみないとわからないということになっているのです。

そのため購入後に故障が発覚したという場合には、修理に出したりして直す必要が出てきますが、中古車の価格はこういった費用も含めているので、文句を言うことはできないのです。
それでもできるだけ故障がない車を購入したいというのであれば、オークションでは出品者に整備の記録簿や車検の記録簿を見せてもらえるように交渉し、見せてもらえないという場合には契約をやめるというような手段をとることが必要でしょう。

販売店での購入の場合には、悪徳業者から購入しないように、店頭の清潔さや店員さんの知識や対応の誠実さなどを考慮することでお客さんに対する対応が親切なところを選びましょう。

これらを参考にしていい中古車を見つけましょう。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで絶対お得するために狙う車とその読み方All Rights Reserved.