banner

メンテナンスをしよう

オークションで落札した中古車はメンテナンスをしよう


中古車業者が商品となる車を入手する方法としては、いくつか方法があります。まずはユーザーから直接買い取るというものです。これは買取専門店などが行っている「買取」というものです。中間マージンがないので、ユーザー、業者ともに非常にメリットが大きい取引方法です。

また、系列店や提携店から車を流してもらうという方法があります。例えば、新車のディーラーが下取りをした車を系列の中古車販売店に流すといった方法です。ディーラーではなかなかさばけない下取り車も、こうすれば簡単にさばくことができます。しかも、比較的程度がいいというのもメリットです。
そして、オークションで入手するという方法もあります。とは言っても、洋服やおもちゃなども販売しているようなインターネットオークションではありません。市場の競りのようなものです。車が流れてきて、それに一番高い値段をつけた業者がその車を落札すると言うものです。オークションの場合、全国様々な会場から中古車が集まってきます。それを同じところに持ってくるわけにも行きませんので、モニターなどから車の様子を判断するほかありません。業者には目利きも要求されるというわけです。

そんな中古車ですので、外側の様子はある程度分かっても、中の様子はなかなかわかりません。最近では、一般の人が業者にオークションの代行を依頼することがあります。こうすることで、一般人でも安い価格で車を購入でき、業者としても車の在庫を持たずに右から左へと販売できるメリットがあります。よって、メンテナンスをどうするかというのがもっとも難しい問題となります。

落札した車を店で売るというのであれば、それはもちろん点検などは行うでしょうが、個人がそのまま持っていくとなりますと、点検はあくまでも任意ということになります。

しかし、個人が所有する場合であっても、是非メンテナンスを受けることをおすすめします。そしてできることならば、オークションを依頼した業者にメンテナンスも願いするのがベストでしょう。

まず、その業者はその中古車の状態をある程度は知っています。もちろんなかの様子は分かりませんが。
また、業者としてもプライドがあります。点検しないで乗っていて万が一不具合がでてしまったら、それは業者の目利きが失敗だったと言われかねません。そういった事態を避けるため、不具合がある車であっても点検をあらかじめ行っておくと、トラブルを避けられます。

Copyright(c) 2014 中古車オークションで絶対お得するために狙う車とその読み方All Rights Reserved.